保育士さんになってよかったこと!やりがい3選

子どもたちの成長を間近で見られます

保育士さんお仕事は、それは文字通り子どもの保育です。ですから、日々,子どもたちの成長の様子を間近に感じることができます。例えば保育園で預かる子供たちの年齢は、0歳から6歳までとっても幅広い!小さい子は、おにいちゃんとおねえちゃんの姿を見ながら、すこしずつできることを増やしていきます。昨日できなかったことが今日はできた!なんてことも。「みてみて!できた!」なんて声が聞こえると、本当にうれしいものですね。

とにかく笑顔が大事なんです

眉間にしわを寄せて難しい顔をして悩みながら進める、というのがお仕事のような気がしますが、保育士さんは「笑顔でいる」ということも大事なお仕事の1つなんです。心ではイライラしても、表情は笑顔をキープ。子どもって敏感だから、イライラはすぐに伝染しちゃいます。表情だけでも笑顔笑顔!でも、笑顔は幸せを呼ぶといわれていますよね。保育士というお仕事をしていると、自然と笑顔が地顔になるので、ハッピーになれるかもしれませんね。

若さをキープできるのです

保育所などで一緒に過ごすのは、6歳以下の子どもたち。もちろん、毎年入れ替えはあるけれど、常に年齢は6歳以下。つまり、常に若さあふれる職場なんです!しかも、成長著しいやる気と向上心にあふれた子どもたちが一緒ですから、自然に「私もがんばろう」という気持ちになれます。子どもたちのプラスのエネルギーを常に浴びているから、若さも保つことができます。女性が多い職場なので、美容情報もゲットしやすいなんて副産物もありますよ。

保育士の求人なら東京の事業所を探すことで、未経験者であっても、勤務条件や研修制度などにこだわることが出来ます。