保育園だけじゃない!?保育士のいろいろな働き場所

保育園での保育士の仕事

一般的には、保育士は保育園で働くものという考えがありますよね。もちろん、保育園は保育士にとって主たる働き場であることは確かです。保育園における保育士の仕事は、主に0歳から6歳までの子供を預かって世話をするということです。子供のと一緒に考えたり、遊んだり会話をしたりするのが主な仕事です。しかし、保育園だけが保育士の仕事場というわけではなく、保育士の活躍の場は他にもさまざまなところに求めることができるのです。

乳児院での保育士の仕事

保育園以外の保育士の職場としては、乳児院が良く知られています。乳児院というのは、親の離婚や死別などの訳があって保護が難しくなってしまった子供を預かる施設であり、それこそ生まれたばかりの赤ん坊を与っているというケースもあります。主に二歳までの子供を預かり、ミルクを飲ませたり沐浴をさせたり、または寝かしつけたりなどが主な仕事です。保育園との違い保護者のお迎えがないということで、1日にわたって子供を預かるという点です。

児童養護施設や障碍者施設でも

保育園や乳児院のほかにも、児童養護施設や障碍者施設なども保育士の活躍する職場です。児童養護施設は乳児以外の18歳までの子供を預かる施設であり、保護者が育児放棄をしてしまったり、保護者が不慮の事故に合っていなくなってしまった児童の養護施設です。障碍者施設というのは、主に知的障害と情緒障害とに分けられ、前者は知的な発達の遅い児童を与り、後者は不登校などの児童生徒などを保護する施設です。どちらも仕事内容自体は保育園などの施設と同じであり、どの施設も人材不足でもあるので、保育士の需要はますます高まっています。

神奈川には子育て世帯が多く暮らしており、保育士の需要が多いという特徴があります。そのため、保育士の求人なら神奈川において探すことで、魅力的な求人が効率的に見つかります。