人材不足に陥っている?保育士の求人について

保育士は人材難にある

長引く不況のあおりを受けて、いろいろな業界で就職難が続いていますよね。しかし一方で、人手が足らずに困っているという業界もたくさんあります。保育士業界もそのひとつであり、なかなかその担い手がおらず、また女性の多い職業でもあるため、妊娠や結婚を機に離職してしまう人も多い結果、慢性的な人材不足の陥ってしまっているのです。そのため、保育士業界は売り手市場が続いており、求人は比較的に簡単に見つけることができる業界なのです。

保育士の就職先はいろいろ

保育士と言うと、保育園で働くことが一般的だと考えられていますよね。もちろん、各地の保育園で頑張っている保育士はたくさんいますし、保育士の一般的な就職先として求人もたくさんあります。しかし、保育士の働き口は保育園だけではありません。たとえば児童館や乳児院、幼児教室、学童保育所なども求人を出しています。デパートといった商業施設でも、託児施設に安心して子供を預けてもらえるように保育士の求人を出していることもありますよ。

待機児童の問題も相まって

とりわけ都市部を中心に、待機児童の問題が深刻化していますよね。待機児童の問題は、保育士不足の現状とも相まって深刻になっているという側面があります。とりわけ共働き世代が増え、幼稚園でなく保育園に児童を預けたいという家庭も多くなっており、保育園の需要が高まっています。しかしそれを請け負うだけの人材が足らずに、さまざまな都市で児童が預けられないという現状が生じてしまっています。そのため、保育士は現状引く手あまたの状態なのです。

保育園の求人の探し方を紹介します。1番オーソドックスな方法はハローワークで、現在主流の方法はネットの転職サイトで探すものです。さらに人材派遣会社に登録して保育士として働くことも可能です。